通関士辞めたい…辛い…その理由

通関士の悩み

通関士辞めたい、辛い…そう思っていますか?私は3回も通関士試験を受験してやっとなれた通関士だったけど、もう通関士つらいし辞めたい…と何度も思いました。

・煩わしい人間関係
・仕事量と残業と安月給
・重い責任

意欲をもって勉強してなった通関士だったけど、溜息ばかり出て機械的に出社する日々。しかも遠距離通勤をしていたので、身の危険も感じて転職しました。

転職後は人間関係の悩みもなくなり、今となっては仕事が嫌だったというより職場が合わなかっただけ!と思うのですが、悩んでいる最中はそのように思えず悶々とした日々を過ごしていました。

通関士辞めたいつらい…その理由と解決法についてまとめます。

スポンサーリンク

通関士辞めたい・つらい…理由3つ

通関士は国家試験に合格たうえで通関業者で働き、通関士登録をしてもらわないとなれない仕事です。試験も苦節3回、ようやく念願かなってなった通関士。それでも通関士を辞めたい、通関士つらいと思った理由は、次にあげる3つでした。

少ない通関士の人間関係

通関士の仕事が嫌になる理由と直接関係ないと思われるかもしれませんが、やっぱ人間関係は重要でした。部署にはある程度人がいるのですが、登録されている通関士としては3人。年配のベテラン男性通関士さんと、40代の女性通関士と20代の私。通関従事者はたくさんいても、通関士は少ないんですよね。

そんな少ない人数の中で、人間関係がうまくいかないとストレスしかありません。残念ながら40代女性通関士から、周りから分かりにくい嫌がらせを受けました。

ひとり呼び出されてネチネチ言われた挙句「あなたには若々しさがない」とか(うっせーわ!)、同僚たちと話しながら手を動かして残業していたら「バカ騒ぎするな」とか(私だけにいう事?)。表向き明るくて社交的な先輩通関士さんでしたが、私に対する当たりは強かったです。私が入るまで社内に女性通関士がいなくてチヤホヤされてたので、存在そのものが気に食わなかったのでしょうね。。。

残業続きがたたって体調不良で休んだら「急に休まれてもこっちが困るんだけど!?」って言われました。そういう先輩通関士は書類審査以外しないから残業せずに帰ってるし、自分が休みたい時は休んでるんですよ。同期に愚痴をこぼしつつ耐える日々でした。

またある時、ずっと輸入手続きをしていたあるモノが、税関側の気が変わって?税番が変更になりました。そう!ずっと何年も間違ってたというのです。その間に審査も検査もあったのに、担当官が変わってコレが正しいと主張し始めて。。。こうなれば通関業者が悪いとなりますよね。

2年前までさかのぼって修正申告をすることになったのですが、2年前に最初に通関しているのが私で、そこから間違っていると言われました。イヤイヤ、2年どころかもっと前から入ってきているもので、こうやると教えてもらってやってたものだったのです。

自信満々に「あなたのせい!」と指摘する姿に反論するほど根拠がなく、泣く泣く私の責任ってことになりました。

これ以上この会社にいても、責任をなすりつけられたりいやがらせ受けたり、同じことを繰り返すだけだ。もう辞めたい。。。

通関士+部署+現場の人…いろんな人がいます。味方になってくれる人もいましたが、人数の少ない通関士の中でやっていくには、人間関係って大事でした

通関士はミスが許されない

通関士という肩書で仕事をする以上、ミスが許されないです。新人であろうとベテランであろうと専門家、申告間違いしちゃあいけない。通関士をしていて何より怖いのが誤謬(ごびゅう)です!!

別の通関士によるWチェックという体制をとっていても、間違い一切なしというのも難しいです。人間だもの間違えることがある、が通用しない世界で責任が重いです。

輸出入手続きをするにあたって、商品知識や分類する知識は経験がないと難しいもの。逆に経験からこれでOKと分類したら間違っていた…誤謬やってしまったことあります。(泣)

会社内に相談相手がいないとか、納期まで短すぎて税関に相談できないなどありましたが、それは言い訳にもならないんですよね。。。

通関料金は輸入で11,800円なのでもらえる金額は安いですが、扱う貨物の価格はウン十万円、ウン百万円、ウン千万円。。。その税金の単位もウン十万円~ウン百万円とかなので、間違えた時の金額がでかい。それを遡って修正申告するとなるとさらに損害金額が上がっていきます。

その責任…重い上に保険はありません。。。

これも経験と思って通関士を続けられるといいのですが、ミスが許されない状況は延々と続きます。どんな仕事にも責任はつきもので、責任の重さも含めて通関士のやりがいだと思える間は頑張れます。だけど、仕事のやりがいより辛さの方が上回って、「もう通関士はできない、辞めたい」ってなりました。

業務量に見合わない安月給…

通関士は国家資格なので、資格手当をくれる会社が多いです。とはいえ、月額5,000~10,000円くらいが相場。お金以外の部分で危険を伴うわけでもなく、一般的な事務の月給に通関士手当が加算されるくらいの収入です。その割には、通関士の肩に税金を正しく収めるという責任がのしかかります。

また、荷物の到着が天候不順でずれたり、書類に間違いがあって進めなかったり、メーカーのラインに納入するため超急ぎで手続きしないといけなかったり。。。思うようなペースでできないこともしばしば発生します。税関と営業マン・お客さんの間に挟まれ、それぞれのペースにあわせないといけない。。。よって、残業するはめになるんですよね。

同じ部署の人が辞めた時は、通関士以外の仕事が山積みになって、深夜まで働いたこともあります。夜10時頃まで海岸沿いで出荷手伝いしたこともあります。護岸に打ち付ける海の音を聞きながら、夜の海って吸い込まれそう…何か起きたらこの状況が変わるのかな~なんて思って…私ヤバいかも!と我に返ったことも。

基本的に残業代は出ていたけど、さすがに腑に落ちないほど安かったです。転勤のない一般職扱いだったので、会社的には安いお金で通関士増やせてラッキーだったのでしょう。

仕事量も多く責任も重い割に給料少ないし、派遣の方が良い給料なんじゃないか?と思うほど。続けたところで昇給も年数千円あるかないかで望めず、不景気を理由に簡単にボーナスもカットされます。やりがいも必要かもしれないけど、業務量と収入はバランスがとれないと、どこかのタイミングで心が折れちゃいますよね

通関士辞めたい 転職したい…

通関士を辞めたい、辛いって思うことは誰でも一度は通る道かな?と思います。責任重い割に安月給ですし、仕事量も多くて残業も頻繁にありますし。。。でも、経験や知識が増えていけばいくほど、頼りになり欠かせない存在となることは確かです。通関業者の看板を掲げる以上、通関士は必ず必要なので。

だからといって、あなたがその職場が嫌で嫌でたまらないなら、我慢しないで!

我慢しすぎて自分が壊れてしまったら、回復に時間がかかってしまいます。真面目な人ほど体にSOSがでるまで無理してしまいがち。そういう同僚も何人か見てきましたが、仕事のために心も体も壊すなんてもったいない。

仕事は誰かが穴埋めしていくものです。特に通関士の仕事は、ルーティーンワークで正確にこなせばいいものが多いので、言い方が悪いかもしれませんが他の通関士がやっても同じこと。仕事の代わりはいてもあなたの代わりはいないんですよ。

もう通関士辞めたい・つらい…この職場で働き続けたくないと思っているなら、在職中から転職活動を始めてはいかがでしょうか?ハローワークの求人を眺めるだけでもいいですが、求人サイトも登録しておきましょう。行動しないと何も変わりませんし、色々検討した結果転職しない、と思うのならそれでいいのですから。。。

スカウトメールが来るリクナビだけでも登録して転職の世界を覗いてみては?
↓ ↓ ↓

そのうえでやっぱり「通関士辞めて転職したい!」と思うなら、転職エージェントに登録して本格的に転職活動を始めましょう。担当コンサルタントが希望に見合う求人を集めて紹介してくれますし、転職サイトやハローワーク求人には出ていない非公開求人もあります。今の職場を辞めて転職するなら、より希望に合った場所で働けるチャンスを逃したくないですよね?

登録しておきたいおすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

求人数No.1!全国展開で実績豊富なリクルートエージェント。
幅広い職種、年齢層をカバーしているので、登録しておかないと損しちゃいます。
質の高いと評判のキャリアアドバイザーへ相談することで、これまで出会えてなかった求人や会社、職種へステップアップ♪
転職を考えるなら必須の転職エージェントです。

パソナキャリア

特に女性におすすめなのがパソナキャリア。ライフステージに左右されやすい女性の活躍推進に力を入れている転職エージェントです。
3年連続オリコン利用者満足度でNO.1!
手厚いサポートであなたのキャリアプランをもう一度考えてみませんか?

doda

エージェントサービス・スカウトサービス・パートナーエージェントサービスと選択が可能。求人数も多く、バランスの整った転職エージェントです。
女性の求人特集もあり、もっと自分らしく働くきっかけになります。ホームページに転職の役に立つ内容がいっぱいなので、ぜひチェックしてみてください!

通関士辞めたくなったのなら…

私は新卒で入った通関業者は辞めましたが、仕事自体は嫌いではなかったし、もう少し通関士頑張ると違う世界が見えるかな?せっかく苦労して取った資格だしな…という思いもありました。通関士に未練がないわけではなかったので、通関士として転職し、産休育休も取得して復帰しました。転職までして通関士を続けた分後悔はないです。

通関士は転職がばれる!狭い通関業界で転職するには?
通関士として通関業者へ転職すると、転職したことがすぐばれる!それはなぜか?狭くて特殊な通関業界では、ひっそりと転職活動してもばれやすいです。悪いことをしているわけではないのですが、上手に転職しないと会社での立場が辛くなりますよね。 私...

ここまで読んでくださったあなたは、通関士辞めたい、辛い、もうやりたくない、転職したらよくなるかな?と色々考えておられることでしょう。通関士であろうと通関と関係なくなろうと、より良い職場でより良い条件の中で、あなたの能力を発揮してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました